キャッシングのキ!!!

返済が遅れてしまいそうなとき

キャッシングをした後、返済をしなければならないことは、常識です。しかし、世の中、何が起こるかは分かりません。何かしらの理由で、返済がどうしてもできない場合があるかもしれません。このような状況に陥ってしまった場合…どうしたらよいのか?というお話をしていきます。

 

遅延しそうなときは事前連絡を!

遅延をしてしまいそうなときは、必ず事前連絡をするように。

 

返済をすることが常識ではありますが、それができないのであれば、速やかに連絡することも、また常識。無視を決め込んで、何もしないと業者側の心証が悪くなってしまい、後々厄介なことになりかねません。

 

業者側から自分に連絡が来ると都合の悪い人も多いはず。そのためにも連絡が来る前に自分から連絡し、事情を説明しましょう。

 

相談すれば意外と柔軟に対応してくれる

遅延をするわけですから、当然、返済に充てることができるお金がないことを意味しています。したがって、業者側も、無理なお願いはしてきません。逆に、貸し倒れを防ぐためにも、懇切丁寧に相談に乗ってくれることが多いです。

 

相談の結果、ある程度、柔軟に対応してくれることもあります。そのため、意外と何とかなったりもします。もちろん、この遅延が多発してしまえば、業者側が何かしらの対策を練ってくるのは明白です。

 

ともあれ、返済日を延長してくれたり、利息分だけの返済を認めてくれたり、その場その場で対応策を一緒に考えてくれるので、遠慮無く相談を持ちかけてみましょう。

 

誠意はもちろん約束した日に返済を

さて、キャッシングを利用している身で、返済が遅れてしまった場合。せめての誠意を見せるようにしましょうね。それが、延長してくれた場合は、その約束した日までに必ず返済を行うこと。そして、今後は絶対に遅延はしないという覚悟の元、返済を続けていくことが誠意といえます。

 

業者はイメージに反して意外にも柔軟な対応をしてくれます。しかし、何度もそれを繰り返し、延長してもまた遅れるなどの誠意の感じられない行動が見られれば、業者側も痺れを切らしてしまうかもしれません。返済日を延期してもメリットがないと判断されてしまえば、これらの対応は徐々に望めなくなってしまうでしょう。